留学生の声第32回:柴田里咲さん

0
350
Q1. 留学期間は

2015年9月入学~現在大学2年生
上海中医薬大学

Q2. 上海に来たきっかけは

家族の都合で3歳の時に来ました。

Q3.大学に入る前までのことは

幼稚園の年長・小中高校とずっと上海の現地校へ通いました。どの年齢のどの学校でも先生や友達に恵まれ可愛がってもらい楽しい学校生活を送りました。中学生の時に上海で行きたい高校があり、あまりに普通に学校に馴染んでいたのでそれまで考えた事がなかったのですが、受験を通じて友達たちとは違う受験方法の自分が「私、外国人なんだ」と感じさせられた事がありました。

Q4.大学選びは

高校(上海五十四中学)入学後、進学について考えていた時、高校受験の時に感じた自分は外国人なんだ!という感覚がまたフツフツと湧いてきました。後悔は全然ないのですが、高校に入って受験方法があきらかに違うということを目の当たりにして、「なぜ中国にいるのだろうか」「どうしてこの高校にいるんだろうか」「自分はなんの為にココにいるのか」を、ちょっと深く考えた時期がありました。それで日本の大学を受験することも考えました。その頃、母には「そんなに勉強しなくていいよ。」と言われましたね。なんか思い詰めてた風だったんだと思います(笑)

中医薬大を選んだのは、第一に「健康」についてすごく興味があったからです。日本にはやはり中医薬や漢方専門の大学はないですよね。それに加え、家族全員が自然思考ということや、父の母も自家栽培で自分の食事は自分で賄っている姿勢が好きだったからです。

Q5.寮生活は

1年生の時は自宅から1時間半かけてバス通学していました。高校時代1時限目の始まりが早くて7時か7時半には学校にいたし、授業は6時頃までありました。
大学の授業は9時40分始まりで、受業終わりも4時で、すごくゆっくりで余裕だと(笑)
2年生の方が授業が増えるのがわかり、学校でのイベントに参加しても帰宅時間を気にしなくていいように2年生9月から留学生寮に移りました。

留学生会館にて写真:留学生会館にて

Q6.寮環境は

一人部屋と二人部屋が選べます。私は一人部屋です。
3~8階までと9階から上で少し家賃が違うようです。部屋には机・椅子・ベッド・洋服ダンスが備え付けでトイレとシャワー完備。ワンフロアごとに調理室があり電磁調理器・電子レンジが置いてあります。使用方法は学生証にお金をチャージしてそこから使用した分だけ電気料金を払います。冷蔵庫は自分で用意します。棟ごとに管理の人が居て、寮に住んでいる全員の名前を覚えているんです。

Q7.クラスは

留学生は100人ぐらいで、英語クラスと中国語クラスに別れています。現在日本人は男子1名女子3名です。他にマレーシア人・タイ人が多く韓国人・ロシア人・ベトナム、アメリカ、フランス人と多国籍です。タイには姉妹校があります。留学生のイベントも多いです。ハロウィン・クリスマスもですが、春節のお祝いや餃子作りをしたりもします。

Q8.勉強内容は

西洋医学/中医学理論/中医薬学
その他 栄養学・鍼灸・マッサージなど選択科目が色々あります。だいたい1クラスは40人前後です。

20170206-0320170206-02教室のようす写真:教室のようす

Q9.放課後は

身体を動かして汗を流すのが好きです。留学生のダンス部に入っていて週2回練習があります。あとは学校内のジムに通ったり体育館でバドミントンをしたり、留学生チームのドラゴンボートの試合のために校内の川で練習もします。週1回は早朝6時半から「易筋経」という功夫の一種を練習しています。

体育館とカンフーの教材写真:体育館とカンフー

Q10.週末は

実家に戻り家族と過ごしたり、友人とカラオケやショッピングに出かけたりしています。宿題は基本ないのですが、復習はしています。覚える事は山ほどあって(笑)
他には中医西洋医学問わず先生に紹介してもらったり自分で探したりして病院研修に通ったりします。

Q11.好きな中華料理は

全部!!本当に何でも好きです(笑)
でも特別なのは、父の母が住んでいる浙江省杭州の豆腐入の小龍包で「豆腐饅頭」ですね。

Q12.お気に入りの場所は

学校内の道で東西にまっすぐ通っている「远志大道」です。この道は、朝登校する時間帯に東に朝日が昇り、下校する時間帯に西へ夕日が沈むのが素敵な道です。天気の良い日は多くの学生がwe chat(微信)のモーメンツにUPするのでここの学生はみんな好きな場所だと思います。学校外では「田子坊」です。アートや雑貨を見て回るのが楽しいです。

20170206-01

Q13.中国で驚いたことは

今は減りましたが爆竹の音です。強烈に怖いです。

Q14.今後の目標は

中医医師の免許を取ることができればと思っています。

Q15.留学を考えている方へ

中医薬大学に興味を持たれた方に。
学生は社会人経験者も多く、65歳まで入学できるので西洋医学のお医者さんも学んでいたりします。学校全体学生全員が健康に関して深い考察を持っていて穏やかに過ごせる環境です。敷地内に農園もあり、食堂には学校で栽培した野菜だけを使ったメニューもあります。心と身体の健康の為に勉強をしたい方に是非学びに来て頂きたいです。中国語が必須ですが・・・

校内農園と食堂食堂写真:校内農園と食堂

************

里咲さんのインタビューの中で「健康」という言葉が度々出てきました。「身体が健康だと心も健康でいられるし、何よりも人に優しくできるんです!」とにこやかに話してくれたそのままの自然体で、将来中医医師(漢方医)になることを目指して突き進んで下さい。楽しみです!

里咲さんの留学している大学は・・・

【上海中医药大学】
上海市浦東新区張江高科技園区蔡倫路1200号
021-5132-2222
http://www.shutcm.edu.cn/web/gest/index
2016年建校60周年を迎えた。
※卒業は5年生。その後、中医医師の免許を取得するには1年間の研修を終え取得試験を受ける。もしくは3年間大学院へ進学し取得試験を受けるという方法がある。

モニュメント写真:60周年のモニュメントと校舎内のようす

博物館博物館内写真:博物館にて

図書館写真:図書館

シェア
前の記事团团圆圆
次の記事映画『決戦食神』公開中
AKEMI
上海在住。アート好き*飲む食べる大好き (写真:©Adachi Makoto)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA