コスプレ・同人祭り!10周年を迎えて成長を続ける「COMICUP20」

0
70

規模も集客数も中国最大級の同人イベント「COMICUP(略称CP)」。
日本のコミケのように年二回開催され、回を重ねるごとに規模が拡大し、10週年を迎えた今回は第20回目。会場も上海最大の展示会場「新国際博覧中心」です。

10年の時間をかけて同人も、コスプレも、そしてオタクたちも、レベルが格段に上がったなあと。そして今回勢いを感じたベスト3は、『陰陽師』、艦隊系いろいろ、ロリータファッション、でしょうか。

【3分間でCP20をぐるっと動画!】

YOUKUから見る方は こちら

 
地下鉄7号線の花木路を降りると、ホームがすでにメイク室状態に。すでにこれも風物詩となっています。

そして、時代の流れを反映して、会場の駐車場には「痛車」がたくさん。
ちなみに「痛車」は中国語でそのままtongche(Tòng chē)と呼ばれています。

今回は4月30日と5月1日の二日間開催でしたが、労働節の三連休中だったこともあり、延べ20万人以上が来場。そしてそのコスプレ率の高いこと!

会場は「企業館」、「イベント館」、「同人館」から構成されていました。
企業館では、日系企業も多数出展。「とらのあな」も発見!

中国企業もBilibiliや騰訊ブースなどに人だかりが。

特に今回人気が集まっていたのが大ヒット中のモバゲー『陰陽師』。
中国のゲーム会社・網易による国産ゲームなのですが、陰陽師・安倍晴明を主人公に、声優陣はすべて日本人。杉山紀彰、水樹奈々などが参加しています。

そして、もうひとつとにかくよく目にしたのが、艦隊・戦闘系。
「艦これ」は中国でもファンが多いのですが、その人気を受けてか、中国で様々な艦隊モノのゲームが開発されているようです。
特に今回勢いがあったのは、上海幻萌が開発したモバゲー『戦艦少女R』。
合味道(日清のカップヌードル)ともコラボです。

その他にも、艦隊、戦車、戦闘系が・・・。

写真左:戦車少女(ガールズ&パンツァーではないようです)

と思えば、一足「活動館」に入ってみれば、ロリータ・ファッションのエリアが展開。
おとぎの国のような別世界です。ロリータファッションとアニメイベントの相性はいいようで。

活動館といえば、やはりメインはコスプレ!
広い空間がコスプレフリーエリアとしてレイヤーさんとカメラオタクのために解放されています。コスプレのレベルも、ぐっとあがってますよね!そしてレイヤーさんの年齢層が低めです。

さらには、撮影するカメラオタクも、相変わらずのアマチュアカメラマンとは思えない機材の充実ぶり。このイベントにかける情熱の熱温度がすごいです。

ここまで来ると、ちょっとくったりしますね。
一休み一休み・・・。

さあ、残すところはメインともいえる「同人館」です。
陰陽師、FATE、ユーリ!!! on ICE、東方幻想郷などなど、作品ごとにエリア分けされ、ブースが果てしなく並んでいます。

人気はやはりBLモノのようですが、百合エリアも。
画力があがっているだけに、表現も過激さを増しているような!?

大盛り上がりのCOMICUP、次回CP21は2017年12月9日-10日に開催です。

***

COMICUP20の公式サイトは こちら(中国語)

↓5年前のCOMICIPはこんな感じでした↓
中国の同人イベント「COMICUP」

シェア
前の記事藏语键盘(チベット語用のキーボード)
次の記事良質(Liángzhì)。それなり風味。
naiyue
神奈川県生まれ。牛心オーナー。 青山学院大学文学部卒業。北京電影学院留学を経て、2002年より、中国・上海のテレビ制作会社に勤務し、日本文化や流行を現地で発信する仕事にたずさわる。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA