司馬舞の上海珍道中 3日目

0
660
2013年3月27日
相変わらず客のいない食堂、豫園へ行く

ゆっくり起きて朝食、今日は急いでいないのでちゃんと食べる。

img19

ちゃんと人数分出してくれた。しかし出てくるまで時間がかかる。あいかわらず他の客はいない。
歩いて陝西南路駅まで行き、そこから10号線にのって豫園へ。

豫園 王道度:★★★★★

駅を出たところから露天ワールド。

P3270196

池のほとりまで行って、いったん解散。
1時間15分後の12:30に集合ときめて、かるちゃんと店をみて歩く。

正統派観光・豫園へ

南翔饅頭店 王道度:★★★★★

集合してから、南翔饅頭店の3Fへ。
菊茶と小籠包3種(豚肉、カニ、エビ)と蟹ミソスープ煎りまんじゅうをたのむ。おいしかった。
img22
P3270236

外に出て屋台で生煎をつまみぐいしたりしつつまた駅に向かう。

路上海というTシャツ屋がありデザインがよかったのでかるちゃんと私は1枚ずつ購入。99元/枚。駅のちかくは空気がもくもく汚いかんじ。そういえば今までPM2.5とか何とかほとんど気にならなくてマスクもしてなかったけど、ここの空気は濁ってたなあ。

入れ替わりの激しい上海のレストラン

初日に許留山でデザートを食べ損ねた私達。どこかでマンゴープリンを食べたい!
ということで、また10号線に乗って新天地へ。ここに避風塘があるというネット情報があったので探すが見つからず。インフォのお姉さんに聞いたら無いと言われた。。

新天地 王道度:★★★★

おみやげやさんを見ながら歩くが、高い。中共大会跡も見ずにてくてく歩いて通り抜けて1号線の駅まで来た。ここの駅ビル(デパート)に許留山が入っているという情報がネットにあり店員のイケメンお兄さんにきいたらもうないらしい。なんと。

どうも上海の飲食店は入れ替わりが激しいみたい。ネット上の情報はいつのものだかわからないものもあって結構あてにならないな。

今年のガイドブックに載っている長楽路ちかくの避風塘はあるだろうとにらんで常熟路まで移動。

img64

駅から歩きながら、ガイドブックを持った大森ちゃんが「セブンイレブンの向かいぐらい」と言った瞬間、セブンの向かいに工事現場が出現。やんぬるかな!一同愕然としたが、次の瞬間その手前の奥まったところに店があるのがわかり、歓喜の声。

P3270242

ドラマが演出されている!
避風塘の前でガッツポーズを取る人達。

避風塘 王道度:

でも避風塘ってファミレスだよね。ファミレスを探し回って記念撮影をする外国人っていうのもなんだか微妙なものがある。
まあ何はともあれ中に入って、マンゴープリン×2、亀ゼリー、マンゴー入り大福を注文。
どれも美味だった。

P3270244

ローカル火鍋で羊肉を堪能

火鍋 王道度:★★

カルロス
上海といえばグルメ旅という人も多いとおもう。初日に上海料理(魚など)を堪能した僕ら、王道で行けば「上海蟹」となるのだが、今回はこの火鍋が楽しみだった。火鍋自体は上海に限ったものでもないが、チェーン店から個人経営まで、年中どこでも食べられるし、好みで適量食べられることから万人にオススメできる。

そろそろいい時間になったので、タクシーで宿に戻りしばし仮眠をとる。18:00に松田さんたちが来るので17:15~17:45にタイマーをセットした、はずがまったく鳴らず(間違えて18:45にかけてたらしい)ノックされるまで3人とも熟睡していた。でもおかげで大分すっきりした。

ノックで目覚め、あわてて身支度して部屋を出る。
おなじみ「牛心」の松田奈月さん、交通大学に留学中の神山あいさん、カバンのデザインなどをしている中谷さんと合流。

タクシーに分乗して火鍋屋へ。ローカル感たっぷりだがとてもおいしいところらしい。

ローカル火鍋を堪能

P3270270

ここは本当においしかった!やみつきになる。
ドリンクには「加多宝」という甘いドリンクをオーダー。中国で人気の飲み物らしい。ちょうどおやつに食べた亀ゼリーのシロップみたいな味。漢方っぽい苦みがほんのりとあって、私は気に入った。

カルロス
今回上海グルメレポの取材で来られていた中谷さんと合流。この時のレポートがこちらにあります。
上海グレメレポ

満腹になったあと近くの小城故事に移動。プリンかき氷、ゴマシャーベット、ピーナツシャーベットを食べる。うめー。夜中4:00までやっているそうだ。

P3270297

中谷さんの友人の長尾さん、しなっちも合流してわいわい。

留学生の神山さんは、大学附属の中高で飛び級の制度をつかって1年早く大学に入り、その時間的余裕を活かして留学中。1年交大で語学をやり、プラス半年、メインキャンパスで映像の勉強中。Music Videoが大好きなのだそうだ。自分のやりたいことが明確で、そのために行動を起こすパワーを持っている、すてきな学生さんだった。

松田さんが電車の時間もあるので先に帰り、そのあと中谷さんと長尾さんが離脱し、あいちゃんも帰宅。

しなっちがおしゃれ番長サトエリのうわさ話とかぼったくりバーで40万とられた友達がホテルに相談したら解決法(店の写真を撮りケーサツと一緒に乗り込む)を教えてもらって40万取り返したけど現金(人民元)で返ってきちゃってちょっと困った話とかをしてた。

しなっちとさやかちゃんは出身大学が同じなので共通の知り合いもいるようで、話がはずんだ。

私達も飲み物とおつまみを買ってホテルに帰り、12:30ごろから再び部屋飲み。3:00ごろまでしゃべってしなっちは帰っていった。さすがに眠くなった。

しかしこの部屋は居心地いい。二日も部屋飲みして活用した。モトとったな。シャワーも明日にして寝る。

シェア
前の記事司馬舞の上海珍道中 2日目
次の記事司馬舞の上海珍道中 4日目
東京都生まれ、千葉県育ち。 2006年夏、上海交通大学に短期留学。 中国語テキスト『フレンズ中国語―発音中心トレーニング―』(千葉謙悟・熊進著、朝日出版社)、日中合作映画「温時泉光」(松田奈月監督)パンフレットなどにイラストを提供。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA