留学生の声第15回: 渡辺壮太郎さん

0
167

中国について知ることは、日本を知ることにつながる。そうやって、世界は広がっていくものだと思うから。

1. 滞在は何年何月からどのくらいの期間?

2003.3-2006.1(上海外国語大学附属外国語学校国際部)
※日本の留学斡旋業者が外大に国際部を設けた4期生。日本の高校卒業と同等の資格を取得できる。クラスは中国語と英語がメイン。
2006.3-2006.6(復旦大学にて語学研修)
2006.9-(復旦大学新聞学部伝播学科に在学中)

2. こどもの頃の中国のイメージと現在のイメージは?

子供の頃:あまり考えたことがなかったですね。強いて言えば、父の仕事関係で香港に住んでいるシンガポール人のイメージかな。カエルに似ていたので、カエルのおっさんとして認識してました。初めて行った中国も香港で、1997年頃でした。
現在:人が温かい。そしてツンデレ!態度は荒いですが、こちらが興味を持って話せば、とても仲良くなれる気がします。人と人との距離が近く、近すぎて戸惑うこともありますが、基本的には好きです。

3. 一番最初の中国との出会いは?

父の会社に中国の方が来ていたことがあり、その人との出会いが最初ですね。自分が小3くらいのときに出会い、小5で帰ってしまったのですが、ホンさんという日本語がペラペラの人で、初めて出会った中国人、中国でした。

4. 中国行きの直接的な契機は?

軽い理由です。日本で高校受験したとき、第一志望の高校に落ちたんです。一校しか受けていなくて、自衛隊に行くと言ったら親に反対されました。説得できたら行っても良いと言われたのですが、そこで中国を思いつき、来ちゃいました。

5. 渡航形態は(自費 or 奨学金、語学 or 研究 or 仕事…)?

自費。

6. 渡航準備で苦労したことは(お金や家族の説得などなど)?

特にないですね。逆に、他人から学びなさいと、家族に後押しされました。

7. 最も好きな中華料理は?

湖南料理。水煮魚。椒塩排条(塩コショウ味のから揚げ)。蘭州ラーメン。いつも卵をつけて頼んでいます。ちょうど10元です。あとは、自炊部と称して、中華料理を再現したりしています。白菜を米酢で炒め、塩コショウで味付けするなど。男の料理ですね。

8. 滞在して最も良かったことは?

日本をもっと勉強しようと思えたことです。視野が広がり、日本を外から客観的に見られるようになりました。日本では、上からの情報を処理したり、小さくまとまって行動したり、みんなでやれば怖くない、というような考え方が少なからずあると思います。自分も、日本人である以上、そういう気質はあったと思うのですが、小さくまとまる島国的な日本人思考が元来好きではなく、中国に来て見て更にそのような思考は良くないと感じ、もっと物事を広く捉えなくてはいけないと考えるようになりました。たとえば、日本人として中国に馴染むこと。コアな情報を得るためには、中国に馴染むために、考え方を切り替えなければなりません。なぜそうなるのか、自分なりに考えたり、もっと知識が必要だと思えるようになったこと。そうやって自分が変わったことが最も良かったことですね。

9. 滞在中最も驚いたり面白かったりしたことは?(クラスで、職場で、家庭で…)

驚いたことは、高校のとき、買い物で怒られたように感じたことです。中国に来て間もなかったので、中国語もよくわからなかったし・・・
爆笑してしまったことは、大学のとき、自転車のおじさんと電動自転車のおばさんが、2人とも「担心!(気をつけて)」と言いながらすれ違おうとして、どちらもよけないので見事にぶつかり、おばさんが「アイヨ~~!!」と言ったこと。ちょっとでもいいから、よければいいのにと思いました。

10. 滞在中最も印象が悪かったことは?

あまりないですね。バリアフリーに対しては多少思うところがあります。そこまで文化レベルが上がっていないなと、冷静に思います。

11. 最後に、これから行く人にメッセージをお願いします。

社会人でも学生でも、今の中国がどうなっているのか調べてから来たほうがいいと思います。マナーと知識。予備知識があれば馴染みやすいと思います。自国のノリを持って来ずに、その国のことを考えよう!と言いたいです。あとは、来てからも、中国や、中国人のことを知らないのに吹聴しないでほしいですね。中国人も人なので、もちろん良い人も悪い人もいます。どうせ来るなら、いいところを見つけてほしいです。そのための知識だと思うんです。歴史や人について、ちょっと調べるだけで、入りやすくなると思います。自分から望んで来たとしても、会社からの派遣でも、先に知ることが礼儀なのではないでしょうか。その意味で、「相互」してほしいです。自分のモットーのひとつに、「知得多、想得多」という言葉があります。これは、知識が多いと考えることも多い、という意味なのですが、まず知ることが大切だと思うんです。そこから、すべてが広がっていくのだと思います。

渡辺さんの留学していた大学は・・・

【上海外国語大学】
住所: 上海市赤峰路555号1006室 〒200083
問合せ: 外国留学生部
URL: http://www.shisu.edu.cn/

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA