サポート業務:企業訪問2013夏・その1

0
1243

2013年8月3日より7日まで、中央大学経済学部千葉ゼミの上海研修のサポートで上海に行ってきました。研修の目的は、上海の文化、生活、そして街や人の勢いを体感することと、上海で活躍する日本人に話を聞くこと。初めての上海に戸惑うことも多かったようですが、その分学ぶことも盛りだくさんな5日間となりました。

一日目 8月3日(土)

夕方、浦東空港着。
バスでホテルに移動したのち、地下鉄で徐家匯へ。上海の秋葉原と言われる徐家匯の夜の熱気にさっそく圧倒されました。夕食は、老舗レストラン「上海老站」で。人気店だからか、売り切れのメニューもちらほら。初めての上海料理の感想は、「なんか茶色い」。一番人気は紅焼肉、ダントツ不人気は烤夫(kǎo fū)でした。「スポンジ食べてるみたい」だそうです。そこがクセになる人もいるんですけどね。

写真:重厚な佇まいのレストラン。

前の記事五感で感じる花茶会~花茶飲み比べ
次の記事サポート業務:企業訪問2013夏・その2
宮城県生まれ。 国際基督教大学教養学部卒業。2004年より上海戯劇学院に留学。 その後、上海にて映像制作の仕事に関わる。現在は東京で、コーディネーターときどきウェブ、イベント制作を担当しています。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください