お茶をめぐる旅:中国雲南省2~少数民族訪問

0
476

翌日は、シーサンパンナの主要な観光となっている、少数民族の村を3つほど訪れました。

まずはジノ族の村です。ジノ族は、1979年に中国政府に少数民族として登録され、中国に55ある少数民族の中でいわゆる「最後に見つかった少数民族」と言われています。
「見つかる」前からちゃんと生活してたんだから、そんな言い方失礼ではと個人的には思うけど。

人口1.8万人ほどでジノ(基諾)山周辺に暮らしており、その生活の一部を公開しています。
村の中ではガイドが連れ添い、ジノ族の暮らしや食事、民族衣装などの説明をしてくれたり、生産しているプーアル茶を飲ませてくれたりします。ダンスショーもあって、楽しめますよ。

お年寄りは中国語がわかりませんが、若者は学校で勉強するので中国語が話せるのだそう。
若者たちは普段は洋服を着て携帯を持つ普通の生活をしているようです。そりゃそうだよね。

cha-16-02

次に訪れたのは、クム人が生活しているジャングルツアーが体験できるところです。
クム人というのは、人数が数千人しかいないため、中国政府から「少数民族」として認定されていません。
お隣のラオスでは国を形成する3大民族のひとつとしてメジャーに認識されていることを考えると、不思議ですね。

中国ではこのように、まだまだ認定されていない民族がたくさんあるのだそうです。
クム人の村は本当にジャングルで、彼らは中国語も話せないため、漢民族とタイ族のハーフである男の子がガイドをしてくれました。クム人は背が低いのが特徴で、友愛の印としてお尻や腕を触る習慣があるらしく、写真も密着です。

cha-16-03

最後に訪れたのは、シーサンパンナ最大の民族、タイ族の村。そもそもシーサンパンナの由来もタイ語。
建築様式や衣装など、タイのそれとほとんど変わりません。
タイ族は人数も多く元から町で生活しているため、ジノ族やクム人と違って、特殊なことはあまりない様子。
民族ダンスショーと、タイ族の伝統である水かけ祭りを毎日開催しており、参加したい人は参加できます。
どこの村も入場料が約2000円~3000円/名ほどすることを考えると、雲南省の物価からしてかなりの高額。
ただ、彼らにとってはこうして少数民族を売りにすることが重要な財源なんですよね。

個人的な意見では、ジノ族の村が一番興味深かったです。

cha-16-04

ホテルに戻ってから、町中心部に散歩&食事に出かけました。
近くで夜市があったり、プーアル茶の老舗がたくさんあったりして、なかなか楽しいです。
そしてこの日、ついに外国人観光客に遭遇。メコンカフェというお店。
どうやらここが外国人バックパッカーたちの情報収集地になっているようで、お店では各方面へのバスや船のチケット手配をしてくれるようです。

ちなみにわたしたちは、たまたま乗ったタクシーをチャーターしました。

この日は運ちゃんの言い値で300元(3600円ほど)を支払いましたが、交渉すれば200元でいけます。
更にジノ族の村で知り合った中国人観光客のおばちゃんは100元に値切ったと言ってました。さすがだ~。

わたしは交渉が苦手なのであまり頑張りませんが、交渉得意の方はぜひ。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA