極上烏龍茶

0
2022

今回は、お茶会で使ったことのある烏龍茶のご紹介です。

【烏東蜜蘭香単叢/Wu Dong Mi Lan Xiang Dan Cong】(写真左)

広東省の鳳凰単叢(ほうおうたんそう:そうは木編有)に属するお茶で、烏東というのは山の名前です。一般的な鳳凰単叢が取れる鳳凰郷と比べて標高が高く、気温など環境のよいところで育つ高山茶特有の甘味があります。

鳳凰単叢の中でも、比較的価格の高いもので、渋みや苦みがほとんどありません。
独特な風味のある鳳凰単叢の中で、初めての方にも、飲みなれている方にもお勧めのお茶です!

【金辺奇蘭/Jin Bian Qi Lan】(写真右)

福建省の岩茶(がんちゃ)に属するお茶で、他産地の奇蘭種を武夷山に植えたところ、おいしく出来たと言われています。岩茶は武夷山に生えているお茶の総称で、岩肌を伝う水で生長するため、独特の風味を持つお茶です。

数多い岩茶の中で、あまり有名ではないのですが、味と香りのバランスがとても優れていると思います。また岩茶の中では比較的発酵が浅く軽い味わいのため、食事にも合うと思います。
こちらは強い岩茶がお好きな方にも是非試していただきたい、柔らかな岩茶です!

前の記事中国の同人イベント「COMICUP」
次の記事中国の恋愛・結婚事情から日本の晩婚化を考える
大阪府生まれ。 大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)卒業。 1998年北京広播学院、2004年上海戯劇学院に留学。 その後、上海にて3年間のOL生活を経て2007年に日本帰国。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください