ケニア紅茶

0
1340

国連大学のキャンパスで開催されていたマーケットで見つけたケニア紅茶。
パッケージがかわいくて、思わず手に取っていました。

ケニアは、実は紅茶・コーヒーの生産が共に盛んです。
ケニアの人々にとっては紅茶=チャイで、一日中チャイを飲むそうです。

わたしもケニアを訪れたとき、朝ごはんにミルクたっぷりのチャイと、マンダジ(揚げドーナツ)やサンブーサ(揚げ春巻き)を一緒に食べました。

サンブーサはインドでいうとサモサです。確か三角形という意味だったと思いますが、インド洋に面するケニアはインドからの移民も多く、インド文化の影響を受けたと言われているんですね。

チャイ文化ということからか、ケニア紅茶はほとんどがミルクティー向けのCTC製法です。
わたしはとりあえず、ストレートでいただきました。きれいな色、シンプルで重みのある味です。

2回目は、たっぷりのミルクと香辛料で、ケニア風チャイにして飲みたいと思います。

前の記事中国人の買い物からみる日中文化比較
次の記事とある中国観光地における市場価格と信用と
大阪府生まれ。 大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)卒業。 1998年北京広播学院、2004年上海戯劇学院に留学。 その後、上海にて3年間のOL生活を経て2007年に日本帰国。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください