【書籍】中華曼荼羅 変わる中国、変わらない中国

0
748

新聞をパラパラめくっていて、ついつい読者投稿欄に目がいってしまう人は多いと思う。
じつは、ぼくもそのひとりだ。
退屈な記事より、個人の下世話な話のほうが断然楽しい。

この本は、人民日報のコラムや中国の雑誌の投書欄から79本の文章を翻訳して紹介し、解説を加えたもの。
中国の新聞や雑誌というと、堅苦しい政治記事を想像する人が多いと思うが、この本はそんなイメージを見事に覆してくれる。

ある学校で「~しさえすれば、~できる(只要……、就能……)」という構文を使った作文の練習中、小学生が「知り合いがいさえすれば、裏口を開けることができる」と書いたエピソードには笑いつつ、唸った。

中国庶民の風刺技術に脱帽の一冊。

シェア
前の記事留学生の声第18回: 前野友志さん
次の記事上海でお茶を買おう
岩手県生まれ。 2002年より華東師範大学に留学。現在は学習院女子大学で現代中国論、東アジア地域研究、歴史社会学などを教えています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA