留学生の声第16回: 深沢忍さん

0
33

自分の目線で見てみると、それまでとは違った上海を体感できる。そうやって、自分の方法でこれからも向き合っていきたい。

1. 滞在は何年何月からどのくらいの期間?

2009.2-2009.7(交通大学)

2. こどもの頃の中国のイメージと現在のイメージは?

子供の頃:キョンシーが流行っていました。あとは、香港映画。ジャッキー・チェン。
現在:発展しているところは、ものすごく発展しているという感じ。貧富の差が激しくて、街のスピードに追いついていないという印象を受けました。人もそう。

3. 一番最初の中国との出会いは?

テレビで見たキョンシー。その後、中学生のときに「覇王別姫」という映画を観て、レスリー・チャンにハマりました。当時は中国映画が少なかったように思いますが、それから中国語の勉強も始めました。

4. 中国行きの直接的な契機は?

中学のときから中国語を始め、一度は住みたいとずっと思っていました。大学では第2外国語で中国語を選択し、タイミングを待っていたという感じですね。大学生のとき一度北京に旅行し、卒業してからは上海に一度来ました。就職してからも、中国に住みたいという気持ちが強く、また年齢のことも考えて、いつまでも考えているより、行ってみよう、行けばわかるだろうと心を決めました。

5. 渡航形態は(自費 or 奨学金、語学 or 研究 or 仕事…)?

自費。

6. 渡航準備で苦労したことは(お金や家族の説得などなど)?

何をどこまで持っていけばいいのかな?と悩みました。笑結局はスーツケース1つで来ましたが、何があって何がないのか全くわからなかったので、シャンプー、洗顔フォーム、リンス、服など一式すべて持ってきました。

7. 最も好きな中華料理は?

小籠包です。学校のすぐ近くのローカルな店ですが、5個で6元くらいで、とても美味しいです。あとは、チャーハンが日本より美味しいと思います。こちらでは、生野菜を食べるのがこわいので、野菜ジュースを飲むようにしています。「味全」というメーカーで、大・中・小とサイズがあるのですが、すべてのサイズに「毎日コレ1本でOK」というようなことが書いてあり、どのサイズのことなのかわかりません・・・私は小さいサイズを毎日1本飲んでいます。

8. 滞在して最も良かったことは?

視野が広がったことですね。
頭ではわかっていても、実際に来て、見てみないとわからないと思います。自分の常識も、日本の常識も、世界の常識ではないんですね。あとは、日本の良いところもわかったような気がします。キレイなところとか、きちんと並ぶところとか。

9. 滞在中最も驚いたり面白かったりしたことは?(クラスで、職場で、家庭で…)

くるぶしストッキング。
5年以上前に、北京を旅行したときに初めて見て衝撃を受けました。年齢を問わずはいているし、なんと子供まではいてるんです。しかも、5年経った今でも、上海でもはいている・・・文化なんでしょうか。いつ見ても不思議です。中国人の間では、あの境界線や肌色は、見えないことになっているんでしょうか。

10. 滞在中最も印象が悪かったことは?

慣れてきたのか、あまりないですね。そういうものだと思ってしまうと、気にしなくなるのかもしれません。上海人の友人に、「動作やしぐさが上海人ぽい」と言われたから、なるべく悪いところを見ないようにしているというのもあります。

11. 最後に、これから行く人にメッセージをお願いします。

私は歩くのが好きで、上海にいる間、とにかく歩いていました。生活している人の間を歩いていくと、写真で見るのとは全く違う上海が見えてきます。建物は空に向かって高く伸びていますが、目線を下げると生活臭を体で感じるんです。私は、上海に来て半年経ったところで、日本にある現実が気になり始め、いったん日本に帰ることにしました。どちらを選ぶのか、それは帰ってみないとわかりませんが、どちらにしても、これからも中国に関わっていきたいと思っています。自分らしく、日本人として向き合っていきたいと思っています。
中国は、日本とは良くも悪くも絶対的に違いますが、自由さ、気楽さがあってそれを経験するだけでも、楽しいと思います。皆さんも、自分らしい方法で中国と向き合ってください。

深沢さんの留学していた大学は・・・

【上海交通大学】
住所: 上海市華山路1954号 〒200030
問合せ: 国際教育学院
URL: http://www.sjtu.edu.cn/

シェア
前の記事アイスティーでひと息
次の記事留学生の声第17回: 丹野力さん
宮城県生まれ。 国際基督教大学教養学部卒業。2004年より上海戯劇学院に留学。 その後、上海にて映像制作の仕事に関わる。現在は東京で、コーディネーターときどきウェブ、イベント制作を担当しています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA