「温時泉光」ができるまで~紹興ロケ編

0
2114

9月4日

一部スタッフ・キャスト 上海へ移動

9月6、7日 紹興ロケ

紹興一日目:

八字橋や魯迅故居周辺、一石居飯店などで撮影。
二人が出会う思い出の一日や、幸治がひたすら紹興を飲むシーンなど。

紹興二日目:

八字橋周辺と民家をお借りしての撮影。
美雲のその後の紹興での生活シーンなど。
紹興在住の作家・麦秸さんの家をお借りして撮影しました。

那須3日間、紹興2日間という駆け足のロケでしたが、さまざまな縁に助けられて、無事全ての撮影を終えることができました。
大人の修学旅行みたいでしたね。
あとは9月中に上海で籠もって、編集の仕上げ作業。

前の記事「温時泉光」ができるまで~那須ロケ編(監督)
次の記事2015東京・中国映画週間スペシャルインタビュー:『十二公民』徐昴監督
神奈川県生まれ。牛心オーナー。 青山学院大学文学部卒業。北京電影学院留学を経て、2002年より、中国・上海のテレビ制作会社に勤務し、日本文化や流行を現地で発信する仕事にたずさわる。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください