「温時泉光」が短編映画コンクールに入選しました!

0
646

「温泉」で日本と中国をつなぐ・・・日中合作短編映画「温時泉光」が、このたび小津安二郎記念・蓼科高原映画祭 第15回短編映画コンクールに入選しました。
この映画祭は、時代や国を越え、世界から支持され続けている映画監督・小津安二郎氏と、コンビを組むシナリオライターの野田高梧氏が愛した蓼科で毎年開催される映画祭です。

--映画祭を通じて多くの方々に「小津映画・小津のこころ」に触れていただくとともに、小津に続く旬の内外の作品の上映、シンポジュームやシネマトーク、ここから21世紀の映画が生まれることを願い、平成14年に始まった短編映画コンクールなどを盛り込みながら「映画」を通して文化・人的交流が図られ、やがては映画・映像文化の発展につながることを期待しています。
(映画祭ホームページより)

入選した短編映画の上映は、9/16~23、9/25に現地会場にて上映され、9/24・25には小津安二郎作品のほか、たくさんの映画が上映と、ゲストを招いた舞台トーク、短編表彰式などが行われます。

せっかくなので「温時泉光」チームも、9/24(土)の表彰式に参加してこようと思います。小津安二郎ファンの方、蓼科好きの方、短編映画好きの方、そしてもちろん「温時泉光」ファンの方!お時間がありましたらぜひ映画祭に遊びに来てはいかがでしょうか。

蓼科でお会いしましょう!

************

第19回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭
http://www.tateshinakougen.gr.jp/cinema/what.html

日中合作短編映画「温時泉光」公式サイト
https://www.shanghai-station.com/cinema2015/

シェア
前の記事留学生の声第29回:鐘ヶ江房美さん
次の記事CHINA RESTAURANT WEEK/中国餐厅周!
宮城県生まれ。 国際基督教大学教養学部卒業。2004年より上海戯劇学院に留学。 その後、上海にて映像制作の仕事に関わる。現在は東京で、コーディネーターときどきウェブ、イベント制作を担当しています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA