「温時泉光」ができるまで~ロケハン編(制作)

0
1651

8月19、20日 那須ロケハン

キャスト探しに苦労するなか、監督と那須にロケハンへ。
南ヶ丘牧場にて那須フィルム・コミッションの方と合流したのち、候補地を案内していただく。
怖そうなおじさんが来るかと思ってドキドキしていたら、可愛らしい女性だったのでとっても安心。
むさくるしく、過酷なイメージの映画撮影を、楽しく可愛くできないかと話しながら候補地をめぐった。
(注:あくまで個人のイメージです。)

ちなみに監督は、最近のロケはほぼスカートで行くという。
見た目が可愛いし、荷物もかさばらず動きやすいので意外と機能性が高いと監督。
今回は温泉ロケもあるのでタイツはふさわしくないが、「ロケガール」としてはかなりポイントが高いのではないか。
監督が言うには、温泉ロケのカメラテストでは女性スタッフが代わりに入れるよう、水着着用でロケに臨むこともあるとかないとか。

今回のロケガールは3人ともスカートにレギンス。
虫よけと日焼け止めを肌身離さず歩いたが、意外と虫が少なかった。

前の記事「温時泉光」ができるまで~ロケハン編(監督)
次の記事「温時泉光」ができるまで~那須ロケ編(制作)
宮城県生まれ。 国際基督教大学教養学部卒業。2004年より上海戯劇学院に留学。 その後、上海にて映像制作の仕事に関わる。現在は東京で、コーディネーターときどきウェブ、イベント制作を担当しています。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください