20年ものプーアル茶

0
426

上海で仲良くしているお茶屋さんの姉妹から、贈り物が届きました。

このお店は広東省のお茶と雲南のプーアル茶を中心に、さまざまなお茶を扱っているのですが本当に品質がよく、ここのお茶をいただくと、なかなか他で買う気にならないのです。先日、妹さんの結婚式に参加できなかったわたしのために、知人が預かってきてくれたのが20年ものプーアル茶。プーアル茶は茶葉を色んな形に固めたものが有名ですが、20年置いたものなんて滅多にお目にかかれません。家族同然だからということで、削ったものを少し分けてくれたのでした。

そのお味は・・・

まず、5-6煎淹れても茶葉が固まっていてほどけない!さすが20年・・。
味は最初は薄く、それから爽やかに、更には少し酸味のある感じ、とめくるめく変化を遂げます。ずっと共通しているのは、とにかくまろやかだということと、水色(お茶の色)がとてもきれい。翌日の今日も、同じ茶葉で引き続き飲んでいますが、一向に味がなくなる気配はありません。こういう時間って、ほんとに贅沢です。そして・・・明日ものんべえ決定ですな。

20101212-01

シェア
前の記事留学生の声第22回:橘あづささん
次の記事留学生の声第23回: りょうへいさん
大阪府生まれ。 大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)卒業。 1998年北京広播学院、2004年上海戯劇学院に留学。 その後、上海にて3年間のOL生活を経て2007年に日本帰国。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA