ロンネフェルトのブレンドティー

0
412

ドバイに住む友人から、ロンネフェルトのブレンドティーをいただきました。

ロンネフェルトはドイツで1823年に設立された有名紅茶ブランドで、高級ホテルなどでも利用されています。
いただいたお茶は南アフリカのルイボスティーをベースにハニーブッシュ、フェンネル、カモミール等をブレンドしたもの。
甘い香りと濃厚な味は、疲れたときにぴったりです。

フランスの老舗紅茶ブランド、マリアージュ・フレールもそうですが、ヨーロッパのほうでは甘いブレンドが多い気がします。
中国茶にしても、ラプサンスーチョンや東方美人など、味が濃いめの独特なものが人気があるそうです。
もちろん、ヨーロッパとひとからげにすることはなかなかできませんが。

ロンネフェルト社からもウーロン茶等が出ています。
普段は直接中国茶を買っているため、なかなか外国の老舗ブランドの中国茶を買う機会はないのですが、
どのような味のものが好まれているのか興味があるので、いずれ買って試してみたいなと思っています。

その前に、味の違いがきちんとわかる舌になりたいものですが・・・

******************

ロンネフェルトティーブティック松江: http://www.ronnefeldt-matsue.com/
(ロンネフェルト社認定ロンネフェルト社専門店)

Ronnefeldt(英語): http://www.ronnefeldt.com/en/overview.html

シェア
前の記事さぬき映画祭バージョンを香川県に納品してきました。
次の記事火鍋でGO★
大阪府生まれ。 大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)卒業。 1998年北京広播学院、2004年上海戯劇学院に留学。 その後、上海にて3年間のOL生活を経て2007年に日本帰国。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA